フォーマルなパンツドレスのさらなる可能性

公開日時

ワンピースより甘さを抑えてクールに着こなせるという点で大人気なのが、オールインワンタイプのパンツスーツです。ジャケットスーツのようにインナーとのコーディネートに悩むことも無いので忙しい朝にもありがたいアイテムですね。光沢のある素材を選べばパーティーなどにも着て行けますし、クラッチバッグなどの小物やアクセサリーでのイメージチェンジも意外なほど簡単なので、人気があるのも頷けます。このように便利なアイテムなのですが、ここ最近のファッショントレンドのカジュアル化の影響もあり、フォーマルな場所に着用可能になりつつあることで、オールインワンタイプのパンツスーツはますます活躍の場を広げています。オールインワン型パンツスーツ、いわゆるパンツドレスのさらなる可能性を探ってみましょう。

主賓格のゲストでなければ結婚式もOKです

フォーマルな席と聞いて真っ先に頭に思い浮かぶのは結婚式ですね。一昔前までは結婚式に参列する際の女性の服装は、パンツスタイルは望ましくないという考えがありましたが、ここ最近では「準礼装」「略礼装」、つまり新郎新婦の父母、それに近い親戚でなければ問題無いと考えられています。スカートスタイルが苦手な女性にとっては嬉しい変化ですね。ただし、素材やデザインは高級感のある上品なものにする必要はあります。シルクやサテンなど、自然な光沢があるものはそれだけで高級感が出ますし、ベルベットなどの温かみのある素材もおすすめです。デザインはウエストマークがきっちりされたものを選びましょう。ベルトやリボンでメリハリをつけるとそれだけでエレガントな雰囲気になりますね。素材やデザインで「格」を上げて、パンツドレスでさっそうと結婚式にも出席しましょう。

弔事でも着用可能の場合もあります

いくらファッショントレンドがカジュアル化しているとはいえ、弔事の席にはパンツスタイルは避けたほうが良いという考えはまだまだ根深くあるようです。確かに通夜や告別式には、例え近親者で無くともパンツスタイルはまだまだ遠慮したほうが無難です。ただし三回忌法要や、堅苦しい形式にとらわれない「お別れの会」などではパンツスタイルも十分可能ですので、その場に最適のファッションを考えるようにしましょう。普通のパンツスーツの場合、インナーの色にも注意をする必要がありますが、オールインワンタイプのパンツスーツなら一枚で着用出来るのが良いところです。素材は光沢の無いものを、デザインは決して華美にならないものを選びましょう。TPOに合った着こなしさえ出来れば、パンツドレスの可能性は今後ますます大きく広がっていきそうです。